見どころ
参加
宿泊
歳時記
会員情報
八王子へのアクセス
見どころから探す

*
夕やけ小やけふれあいの里
高尾山麓駐車場
大型観光バス臨時駐車場
八王子フィルムコミッション運営協議会
高尾・陣馬ファンクラブ
八王子観光大使のご案内
アクセス

*

恩方エリアから探す

バスを降りれば、そこに広がるのはどこか懐かしい里山の風景。のどかさがいっぱいの恩方エリアには、甲州街道の裏街道にあたる陣馬街道が延びている。童謡に歌われた景色を探して、のんびりした時間を過ごそう。

夕やけ小やけふれあいの里(おおるりの家)

夕やけ小やけふれあいの里の写真

■夕やけ小やけふれあいの里
日帰り入浴や食事もできる。この施設は、四季折々のイベントが行われる他、ポニー乗馬や小動物とのふれあい、キャンプや浅川での川遊びなどのレクリエーション活動を体験できる。

問い合わせ夕やけ小やけふれあいの里
電話番号042-652-3072

■宿泊施設おおるりの家
「おおるりの家」は、湯舟から周辺の山の景色を眺望することができ、周りの山の景色を堪能できる宿です。手打ちそば、季節のてんぷらなどがお勧めの食事処「いろりばた」があり、里山のゆったりとした時間が楽しめます。

問い合わせおおるりの家
電話番号042-652-4126

八王子車人形

八王子車人形の写真3枚

車人形は、人形使いがロクロ車と呼ばれる箱車に腰掛け、一人で一体の人形を操るものです。人形が舞台に足をつけて演技できるのは、世界でもこの車人形だけだとされています。現在は、下恩方町の西川古柳座がその伝統を受け継ぎ、海外公演など幅広い活動を行っています。

住所東京都八王子下恩方町1566
電話番号042-652-1222
FAX042-652-1222
交通アクセス 高尾駅北口から「陣馬高原下」行きバス
「松竹」または「上川原宿」下車徒歩3分

八王子城跡

往時をしのぶことができる八王子城跡の写真3枚

戦国時代末期、小田原城主北条氏康の子氏照は広大な山地に関東の西の守りとなる八王子城を築きました。天正18年(1590年)、豊臣秀吉は関東制圧の一環として前田利家 ・上杉景勝の軍勢を八王子城に送りました。猛攻にあった城はわずか1日で落城しました。関東を支配する上で最も重要な拠点であった城を失った北条氏は滅亡し、豊臣秀吉は天下統一を成し遂げました。時は流れ400年以上たった現在、城山のふもとにある御主殿跡など一部を復元しました。そのほかにも当時の面影の残る場所があり、戦国時代の激戦地の跡を偲ぶことができます。また、山頂の見晴らし台からは、遠く相模湾まで一望できます。

交通アクセスJR高尾駅北口から「グリーンタウン高尾(霊園正門経由)」「宝生寺団地」「恩方車庫」「高尾の森わくわくビレッジ」行きバスで「霊園前」下車
八王子城跡入口まで徒歩20分

フルーツ狩り

フルーツ狩りの写真

フレッシュな摘みたてを味わえる「フルーツ狩り」

平成15年に「恩方ブルーベリーの里組合」が設立された恩方地区では、13軒の農園でブルーベリーの摘み取りほか、りんご狩りが体験できる。里山に広がるフルーツ畑を訪れて、摘みたてのフレッシュな味わいを堪能しよう。

問い合わせ 夕やけ小やけふれあいの里
042-652-3072
夕やけ小やけふれあいの里JA直売所
042-652-4184

モデルコース「陣馬街道を歩く」

まずはバス停から浄福寺をめざそう。六地蔵が出迎えてくれるこの寺は、春のしだれ桜が見ごと。陣馬街道から少し離れた山の中腹に建つ興慶寺は、「夕焼け小焼け」で歌われたお寺のモデルのひとつ。

陣馬街道をしばらく進むと、自然体験などができる夕やけ小やけふれあいの里が。ここで地元の写真家前田真三の写真ギャラリーを見学したり、食事や買い物をしたら、「夕焼け小焼け」の歌碑が建つ宮尾神社にも立ち寄ってみよう。

恩方エリアモデルコース